交通水道消防常任委員会質問

 今回の9月11日に開かれた委員会では、バスの降車を円滑に行うために四条通り二箇所に限って、移動式の運賃箱を設置することを交通局の理事者報告がされ、一般質問を行いました。

 また、上下水同局が毎年出している環境評価報告書2015についても質疑を行いました。

 

概要は以下の通りです。

 

 

【交通局】

●理事者報告【四条通り歩道拡幅区間におけるバス停での運賃収受の実施について】

平井)四条通りのバス停では、延着が多く生じていると記載されているが、現状はどのくらいか?

→高見自動車部担当部長)7月から9月 データ 西行き3分、東行きおおむね1分遅れ。正確な予測は立てられていない。

平井)今回、19日から実施される移動式運賃が製作される台数、バス停にどういう形で置くのか。

→バス3台置ける。テラス型の最先端部に到着。ベルトパーテーションで区切る。乗車降車をわける。運賃箱で収受する人2名。シルバーの誘導により一旦開放して車内あいてから。放送で事前に知らせる。

→全体像をわかるように図式等で示していただきたい。(資料要求)

平井)今回は委託で行うということだが、それぞれの委託先はどこか?それぞれの事業者の実績はどうか?

→委託先:運賃箱 綜合警備保障㈱・運賃案内:シルバー人材センター。

平井)アルソックを選んだ理由は何か?

→高見)営業所間の運賃輸送されている。

→安田企画総務部長)両方とも入札の結果。代金で決めた。

平井)運用が開始され、四条通りの2箇所だけが、移動式になるが、降車時、乗車される方もあり混乱は起こらないのか?リスクの検討は?

→車外での運賃収受を車内アナウンスでお知らせする。バス停では要員により乗客を安全に導く。

平井)本来なら、総合的に検討をし、検証も行いながらやるべきこと。市民や観光客との間で混乱が起こらないよう委託先にもきちっと説明をすべき、円滑な運営を。

最後に今日の京都新聞では、秋の交通対策として、10月末から高島屋駐車場出口前に信号を新たに設置し、右折可能で南行できるとの報道があった。バス停も近くにあり、大なり小なり影響を受ける。どんなメリットがあり、デメリットがあるか

→高見)一般車両の流入抑制は都市計画局・建設局が努力している。注意深く見守っていきたい。

平井)府警との連携や都市計画・建設局との連携で混乱が起こらないように。

 

【上下水道局】

●理事者報告【『水道事業・公共下水道事業 環境報告書2015』の発行について】

平井)平成15年から作成、報告書という形は22年からと聞いている。局単位で環境に配慮し、地球温暖化などに対し、温室効果ガス削減など環境課題に取り組むことが現局面でも一層重要となっている。エネルギー重要。水道事業と下水事業では、使う電力量に差があるが、なぜこれだけ違いが出るのか?

→土井技術管理室室長)水道事業では、一番使うのがポンプでくみ上げ、送る。下水では下水処理の際、微生物に送風機で風を送るのに使う。こういうところが違い。

・その上で努力をしていること、計画はどうか?

→土井室長)電力使用の削減。温室効果ガスの削減は市の取組。H16年度比に対し目標を達成している。た区さん電力を使う上下でも計画を持っている。目標も達成している。

・下水から出る汚泥の焼却。P25では、汚泥を発酵させ、そのさいに発生するメタンガスを有効利用しているとしている。消化タンクの他都市と比べて性能はどうか?メタンガスだけではなく、ほかの燃料をずいぶん使っているようにみえるが。

→石田下水道部長)消化ガスの再整備に現在かかっている。H25 240万㎥→完成後550万㎥。完成後には焼却炉での燃料に使う。

・最後に現状から見ている課題とそれに対する局の決意は?

→土井室長)環境とのかかわりが様々ある。大きな課題。電力使用料の削減の取り組みを進める。本業は水をきれいにするという仕事。国の動向注視し、水質保全の基準さらに確実なものにする。

平井)水事業とあわせて、他都市のとりくみにも習い、環境保全の取り組みの強化を。

烏丸御池に引き続きホーム転落防止可動柵の設置を求めて質問

 8月7日に行われた交通水道消防委員会でホーム転落防止可動柵を全駅へ設置すべしと交通局に質問しました。

 

また、可動柵をつける際に点字ブロックも視覚障害の方が、混乱しないように再度申し入れました。

概要は下記に

 

【交通局】  

≪理事者報告≫  地下鉄可動式ホーム柵設置の進捗状況及び今後のスケジュールについて

平井)烏丸御池の可動式ホーム柵運用後の職員や市民の声はどうか。

→土田高速鉄道部担当部長)乗客からおおむね好評。停車状況もほぼ100%止められている。運転士は最初は緊張する。と言っていたが、順調に運用できている。

平井)全国的にも設置が進み、一気に設置している都市もある。本市と他都市との違いは何か。

→土田)ほとんどの所は車両にATO装置がついている、そういう中で進めている。(本市は)東西線にはATOがあるが、ATOがない。なかなか難しい中でお客さんの多い3駅から。手動で止めるという方式。

平井)京都での利点は何か。

→土田)烏丸線にATOが必須だ。今は手動で停めている。可動式ホーム柵と列車の扉を別々に停めている。片道1分ダイヤをのばしている。ATOが要るが、予算が120億を超える。経営健全化団体なので難しい。なかなか踏み切れない (利点は)多額をかけずに設置していること。

平井)3駅設置以降の他の駅の可能性や課題は。

→土田)3駅以上 ダイヤの確保がむずかしい。今の方式ではこれ以上つけられない。投資が必要。近鉄と相互乗り入れ。近鉄にもATOつけてもらわないといけない。そこをどうするかが課題。そこにも補助を宛てて頂くよう国に対しての要望を重ねていく。

平井)国の補助率はどれくらいか。

→土田)『地下高速鉄道整備事業費補助』は25.2

平井)国の補助率上げるべき 国の要望に力を上げるべき  →土田)そのとおり。全力で要望する

平井)多く 設置駅をあらたに増やして、全駅設置を。

 

●地下鉄 可動式ホーム柵の点字ブロックについて

平井)協会との協議はどれくらいか。

→土田部長)5月委員会での指摘を受け、3回。視覚障害者協会とすぐに協議

平井)協議の結果どんな方向性か。その後の変化は。

→土田)従前から入念に協議し東西線と同じ方式がいいだろうと今の方式を選んだ。指摘を受け、協会に話した。一部の方から「点字ブロックがあったらよかった」の声もある。その声を受けて、協議し烏丸御池で現地確認することに。協会では、もっと幅広の意見を聞こうと会員にアンケートを考えられている。

平井)連携し聞き取りなどさらに強めて協議をすすめてほしい。視覚障害者だけでなく利用しやすくより安全な公共交通になるよう意見がくみ上げられるしくみづくりを求める。

委員会質問③

今回は、消防局が策定した自主防災会防災行動マニュアル策定のためのガイドラインについて質問しました。

台風や地震が起こったときに、地域の自主組織として、どう対応するのかが必要になりますが、一方そのマニュアルづくりは、行政の蓄積や指導、地域の力が合わさってこそです。

【消防局】

《理事者報告》自主防災会防災行動マニュアル策定のためのガイドラインについて

平井)まずは平成12年度以降、町内単位で「身近な地域の市民防災計画」策定の進捗状況は。

西川安全救急部長)26年度末で6291(99.3%)。水災害編で2225(98.5%)で作られている。

水災害に要件が満たない地域でも100作られている。

平井)防災訓練等で見直しや充実された自主防災部はどのくらい

西川)把握していない。適宜町内会でやっていただく。

平井)把握を。その上でガイドラインについて質問します。このガイドラインは各学区で策定にはどのくらいの期間で策定するのか。スケージュール的ものも含めて教えてください。

西川)227学区で地震編。水災害編173学区が対象地域。土砂災害編77学区。すべてで3年まで。自主防災会の意向も汲んで、早く作りたい。

平井)ガイドラインの中に書かれている防災マニュアル策定の前段階で災害図上訓練、タウンウォッチングや防災マップの作成、緊急連絡網の整備など多岐にわたっている。その指導は。

西川)消防署の各学区の担当職員がメイン。避難の誘導等自主防災会の会長、自治連、区役所含んで、消防が調整し、全体として取り組む。

平井)ガイドラインそのものが委員会の委員にしか配られていない。数が少ないと聞いたが議員全体にも配られないのか。

西川)作成した数が限られていて、ホームページで記載。そちらのほうで

平井)議会全体でも防災問題があり、市民からの問い合わせも可能性がある。増刷の見込みは。

西川)増刷については検討していく。

平井)検討といわず増刷を。自治連合へはわたっていますか。

西川)自主防災会に5冊。必要な場合は、コピーして渡す。

平井)コピーといわず増刷を。ガイドラインの分量から理解が大変ではないか。自主防災会の会長も変わっていく。検討会議の中でも初めての方には難しい。こういう不安疑問の声に具体的にどうこたえるのか?

西川)事前にわかるように説明する。職員の意見も含め集約し、Q&Aにする。他の自主防災会でアイデアがあれば、情報交換の中で紹介する。毎年の研修の中で理解できるようにする。

平井)連携の中でいいものに。夏に向けても使えるものはすぐに取り組んでいくことが必要。地域の実情をつかんでいきながら、地域とともにさらなる発展を。

ユーチューブでも配信されています。

https://www.youtube.com/watch?v=zi_S2FiAzSs

委員会2回目の質問

6月12日に交通水道消防委員会で2回目の質問をしました。

前回より少し角度を変え、同じ質問もしました。

 

概要はこんな感じです。

【交通局】

四条通の交通問題

平井)新聞の投書欄にも声が上がっている。今の渋滞の状況、バスの遅延状況はどうか。

→高見)今ほぼ例年並。西向き 土日祝日は若干遅延発生。

平井)実際見た。かなり遅れていた。10人の係員の配置は今後も検討すると言われたがどうか。

→高見)4ヶ所10人、11時~19時に配置し、乗り入れ支援・ご案内をしている。継続したい。

平井)中国の方はタブレットで道をきく人がいるため遅れるとの話もある。

→高見)初めて聞いた。状況把握につとめ 対応していきたい。

平井)バスが四条通を曲がる際 横断歩道の手前が危険な状況。都市計画局や警察と連携して改善を。

→まずは横断の方の安全第一。無理な侵入を控えるように指導しているが、定時性という点がある。

 

地下鉄 烏丸線烏丸御池駅点字ブロックについて

平井)前回の質問を関係団体に伝えたと聞いているが、状況はどうか。

→土田高速鉄道部長)速やかに協会に伝えた。烏丸線に設置されているのは警告ブロック。烏丸御池駅だけなくなり違和感を感じられたのだろう。継続して話していく。

平井)警告ブロック・内方線を引きなおすとすればどれくらい費用がかかるか。

→土田)試算は持ち合わせてないがそれなりにかかる。ひきなおすと誘導ブロックになる。警告ブロックは意味が違う。

平井)内方線だけでも残してほしい。視覚障害者が杖を使い、一直線の線で移動することが安全だと言われている。改善を求めるの声に応えていくべき。

→土田)協会との意見聞いていく。

 

【消防局】
■塩酸流出事故について
平井)8時14分に上下水道局に連絡。教育委員会等関係機関との連絡対応は。

→山内警防部長)宇治市との境界だったので、現場指揮者はまず宇治消防に連絡。南は京阪電車、道路は土木、交通規制は警察、危険度合いに応じて連絡した。本市危機管理室に連絡し教育委員会へ、山科川に流出の可能性があり環境政策局に、上下水道局には消火栓を使って大量放水するということで連絡をとった。

平井)上下水への連絡は優先度が低いということか。北側のマンションが消防警戒区域に設定され、窓を閉める指導は発生後どれくらいか。

→山内)危険性のあるところからとの認識。山ノ下の出張所まで500m、塩酸から蒸気が発生し、白煙が生じた。側溝を通じて原液も入った。非常放送設備を使い、換気栓を止めなさいという指導した。

平井)他の毒物や危険物についても対応は万全か。マニュアル、指導状況は。

→山内)運転手が無事で8500lの塩酸だという情報が聞けた。部分放水、吸着できた。運転手が怪我の時は特殊災害車が出動する。C(ケミカル)災害は、本部救助隊が塩小路から、特定するための資機材を使い、判断した上で活動に移る。

平井)危険物を積載した車両の往来は把握しているのか。国の指導は。

→山内)届出がないので把握していない。指導は府を通じて。

平井)対応が遅れれば大事故。各所への連絡や対応を迅速に、力を入れていただきたい。

京都市の公契約条例の骨子案

 

 前回の市長選でも争点になりました「公契約条例」

ようやく京都市でも本腰を入れて?市民意見募集に乗り出しました。市長の2期目就任後、出てきたのは任期4年目です。

しかし、賃金条項がなく、今のところ骨抜き案となっています。

そもそも「公契約」とは、公共工事の発注や物品調達、公的施設の運営委託など行政と業者や団体等が結ぶ契約のことです。

契約する際に労働者が安い賃金で働き続けるのではなく、人間らしい生活ができる賃金を保障することが必要です。

この場合、京都市でもその事業や契約にふさわしい発注や委託金額にすべきです。

理念だけの条例ではなく、京都市が見本となり、ワーキングプアを生まない縛りをつくる必要があります。

 

意見募集は7月2日までです。どしどしご意見を 

詳しくは

http://www.city.kyoto.lg.jp/templates/pubcomment/gyozai/0000183374.html

四条通り一車線化について

 

 交通局についての質問を考えるべく、四条通りに2日間行きました。質問の概要は、前回記事で書きましたが、今回は、違う角度で記事を書きます。

下の写真は、四条烏丸の一本東、東洞院通りの様子です。近所の八百屋さんに聞くと、「夕方は毎日この状態だよ。四条通りの工事が始まってからさらに渋滞が増えました。」とのこと。

この渋滞は四条通りから六角通りまで続いていました。確かに平日の場合、四条通りの渋滞は少し緩和されましたが、一方で総合的に計画がされていないため、さらなる渋滞を生んでいます。

必要なことは、一部の団体からの聞き取りではなく、できる限り満遍なく聞き取りし、社会実験など検証し、政策化すべきです。また、京都市の場合、他都市からの車の乗り入れ規制、車の総量規制が必要です。

 

DSC_0136

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0135

Page 5 of 14« First...34567...10...Last »