ブログ

リニア誘致について

 

 

 東京―大阪間を2045年に向けて開業することを目標に2045年まで全体で9兆円かけて建設するというものです。

これまでの大型公共事業路線を継承し、更なる借金を増やすだけでなく、安全性が確立されていないという意見もあります。

 

 京都では、今年1月17日に財界や京都府・京都市がリニア誘致に向けた決起大会を開催し、京都市役所正面には「リニア誘致」の大看板が掲げられています。京都市は、昨年、今年とリニア誘致のための調査費に500万円づつ、1000万円の費用をかけています。

 なぜこれだけリニア誘致に躍起になるのか?

 財界も含め、新たな都市開発、海外からの富裕層観光と高級ホテルの誘致など、財界の儲けだけしか考えていないのが実情です。

 大手資本と外国資本の注入のもとでこれまでも中小の旅館・地元商店街、飲食店などがつぶされてきて、京都らしさが失われている中、さらに色のない街へと変わることが予想されます。

 さらに実際、京都でリニア駅ができると東京や名古屋、大阪以外の中間駅をつくるときは、地元負担になり、地上駅の場合は350億円、地下駅の場合は2200億円と多額の費用がかかります。

 

 京都そのものが歴史的遺産や伝統産業、京都独特の食文化など誇るべきものがたくさんあります。古い大型公共事業中心の都市開発はやめ、京都全体の良さや魅力がにじみ出る采配が必要です。

 

 

 

トラックバック

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。