今年度初の委員会での質問

今年度最初の質問は、消防局に対して質疑しました。特に中京区でも頻繁に問題となっている民泊の京都市が行った実態調査の結果から消防局に対する問題点を抽出する質問を行いました。

 

■消防局

○AEDの管理状況について

平井)2004年7月から一般市民にも使用出来るようになったAED。開始から10年以上経過した状況ですが、現在消防局で出しているAEDマップについて掲載されている団体や企業数、使用台数はどのくらいでしょうか。まずは数で教えてください。

山村救急部長)28年の3月末現在で設置事業所2249事業所、2873台。AEDマップに掲載は1271事業所、1816台が設置されている分を掲載している。

 

平井)各所にあるAED。その上でAEDを導入しているところはどんなところがありますか。

 

山村部長)官公庁、市内の小中学校や旅館ホテル小売店舗、地下鉄各所に設置されている。

 

平井)当初は100万円ぐらいしていたそうですが、今は導入する形態も変わっているということで、通常、製造販売会社から購入している、レンタルで借りている、リース契約をしているなど様々な導入形態があるみたいですが、AEDマップに載せてあるAEDは、それぞれどのような割合ですか。わかれば教えてください。

 

山村部長)マップに掲載されているものについて区分がわかる資料は持ち合わせていません。

 

平井)AED内臓の電池やパッドの耐用年数は、メーカーの耐用年数を見た限り、電池で4年、パッドで2年8ヶ月と表示されていました。そこで今現在気になるのが、管理状況です。特にリースやレンタルでは、管理ができる条件もあると思いますが、購入された場合には、完全に新たにパッドや電池の購入に費用がかかることになる。それぞれの管理状況に対して、啓発・普及に対して局としてやっていることや検討していることはどうか。

 

山村部長)有効性は有意義なもの。日ごろの点検はAED全機種は、セルフチェック機能があり、いらない。ランプブザーで知らせるしくみになっている。パッド電池に対しては、ホームページ上で期限切れにご注意をと知らせている。安心総合ねっとわーくに登録されている事業所には、会報とメールで知らせている。職員の事業所訪問で知らせている。救命講習でも。維持管理は、設置者がしていると認識している。

 

平井)平成25年9月27日に21年に引き続き、厚生労働省が都道府県向けに適切な管理を通知で求めています。通知では、2011年に38万台を超えるAEDが販売されたとの報告があり、世界でもトップ数となっているが、一方で日常点検や消耗品の交換が徹底されていないため「いざというときに使えない」などの管理がされてなく、本来人のいのちを救うためのAEDが使えない事例を聞いています。ある商店街でも「管理費用がかかるため」とマップ掲載もやめたところやある学区で導入されたAEDは、電池切れで使えないなど特に管理費用がかさむため、日常の管理ができない所も報告で聞いています。現在、稼動しているAEDへの日常の適切な管理をすすめるとともに、せっかくのこれまでの設置箇所で断念しているところにも再度財政的支援を含め、何か手を打つ必要があると思いますが、いかがでしょうか。

 

山村部長)AEDは有効だと認識していると同時に設置は広がっているが、他の政令市の比較とあわせても困難。

 

平井)国に求める。市独自としても検討加えることが必要。さらなる検討を求める。

 

○京都市民泊施設実態調査について

平井)次に京都市民泊施設実態調査結果について質問します。9日に京都市から示された民泊に対する実態調査結果が出されましたが、この質問の最初に調査の際には消防局はどのような役割で調査への参加をしてきたのでしょうか。

 

立入予防部長)民泊プロジェクトチームの目的の一つに法令基準に適合していない事業所への指導。特に消防法令にかかわる部分で関わっている。

 

平井)どのように各局の連携、どのような情報共有をしているのか。

 

立入部長)われわれは消防法令上の不備。保健福祉局は、衛生上の基準。都市計画局は用途地域、建物の基準を求めていくことが必要になってくる。消防の不備があれば、各局に情報を。他局も同様に情報を一致させている。

 

平井)新聞報道では、2015年度で276件の苦情が寄せられ、京都市も対応していた中身が掲載されていました。消防局にはどのくらいの苦情や訴えが寄せられましたか。また、苦情の中身はつかんでおられますか。

 

立入部長)市民から消防局に27年度に寄せられたお問い合わせや苦情は99件。町内で民泊をやっているかどうか。火災が不安。建物の前にたばこのすいがらがあるなどの声を寄せられている。

 

平井)実態調査後、指導もされているようですが、どのような体制でどんな基準で指導をしはじめているのでしょうか。

 

立入部長)指導体制は、予防課が指導に入る。重点的に集中してはいる。今年度は違反が疑われる対象に対して指導に入り、各署があたる。関係局と効率的にPT会議で。許可をとっていない用途地域に違反していない、戸建でされている対象に調査に行っている。

 

平井)住民の安心と安全を守る観点から民泊ができている地域で不安の声がだされ、調査でも一定の課題がだされているが、局としては調査をし、どのような思いを持っているのか。また、局としての課題と感じていることは何か。

 

立入部長)調査結果の中でも書かれている通り、無許可が多い中、安心安全への不安。管理者が不在などの課題がある。火災予防で調査に入るが従業員に指導しているが、そういったケースがなかなかとれない。4ヶ国語のリーフレットを作成して民泊に配置している。

 

平井)京都市としてもルールづくりがされているが、火災予防の観点だけでなく、防災の観点・パンでミックにも対策を。

2月市会真っ最中

●市長総括質疑をしました

 3月15・16日と予算市会に基づく市長総括質疑が行われ、15日の1日目に質疑をしました。

11月の代表質問の中でも質疑した給付制奨学金の創設について再び質疑をしました。答弁に立った副市長は、「負担感が重いというのはその通りだ」と言いつつも「一義的には国の責任において解決を図るべき問題」と京都市における給付制奨学金の創設には後ろ向きの態度をし、国に責任を押し付ける態度に終始しました。全国では、県レベル、市町村レベルで給付制の奨学金や条件付ではありますが、奨学金免除の制度を拡充や創設してきています。

ブラックバイトをめぐる問題では、前進面がありました。

 労働局と京都府、京都市で3月18日にブラックバイト対策協議会がつくられましたがその前に京都市として特別に何かするのかとの問いに「キャンパスプラザ内に新たにブラックバイトの相談窓口をつくる」との答弁でした。これまでブラックバイトへの対策は、労働局まかせで京都市としての取り組みは特段ありませんでした。この間の青年を中心とするLDA京都(生きやすい京都をつくる全世代行動)が高すぎる学費の引き下げや給付制奨学金の創設などまわりの学生や働く人の声を聞き、署名行動にも取り組みながら議会請願をしてきました。この運動が京都市の重い腰を動かす変化へと繋がりました。

非正規雇用問題では、全国的にも安倍政権の3年間で正社員が23万人減った一方、非正規雇用は172万人も増え続けています。京都市でも同じ傾向になっています。その中で京都市が雇用に特化した部署をつくり、働いている人の声を汲み取る必要がある。産業だけが突出して、政策化されているように思うがと質問。副市長の認識は、「産業政策監が担当し、効率的・効果的に進めるために一番だ」と産業面のみにその考えをおいた答弁に終始しました。

決算特別委員会報告

遅くなりましたが、決算議会での質問の大要を書きます。

 

交通局 2015.10.13

四条通りのバス運行対策について質疑しました。

 

○(平井) 四条通りの現在のバスの遅滞状況はどうか。

(答弁→高見自動車部担当部長) 15~18時、9月1日~30日の遅滞状況について調査。平均値をとると、西行で祇園~河原町~烏丸間が昨年比平日0~2分、土日で2~3分、東行で堀川~烏丸~河原町が昨年比、平日1~2分、土日で3分程度の遅れ。

○(平井) 9月19日からの路線変更のもとで四条通りを回避し、五条経由、四条京阪・三条京阪経由に変更したが、それによる効果や声は。

(答弁→高見) 19日から実施したばかりで、まだ把握していない。

○(平井) 引き続き検証を行うよう求める。シルバー人材センターに委託し、多客時対応、乗降客の誘導等果たしていただいている。状況はどうか。まわりの声などあれば。

(答弁→高見) 乗客の整理を担当してもらっている。おおむねうまくいっているという認識。

○(平井) この間はじまった移動式運賃箱の状況について、私も実際に見に行った。確かに降車時の降りる時間は早くなっていた。一方で乗車に際しては効果ない。全体停車時間がどのくらい変わっているのか。また、運転手や乗客の受け止めはどうか。

(答弁→高見) 降車時間は、多客時で30秒~50秒の短縮効果があり、「早く降りられて良かった」との声も寄せられている。

○(平井) 停車全体での短縮効果は。

(答弁→高見) 検証できていない。

○(平井) それぞれ述べてきた対策に対して、検証そのものをきちっとすべき。矢継ぎ早に対策を打つ一方、検証が追いつかず根本的な処方箋にはなりきっていないのでは。この一連の四条通り対策でどのくらいの費用がかかっているか。また、11月に向けてのさらなる対策の決意は。

(答弁→高見) 誘導員配置に3160万円、移動式運賃箱に1290万円かかった。秋の対策は、建設局など他局と連携しオール京都で取り組む。

○(平井) バスの停車時に、後ろの車が追い越しのためにゼブラゾーンへ侵入してくる。交通局は、この状態をどのように認識しているか。また、対策を打っているか。

(答弁→高見) 安全運行の上で好ましくないないと認識。関係部局に対策を申し入れている。

○(平井) 関係部局からはどのような反応か。

(答弁→高見) 道路交通行政は京都府警の仕事であるが、全力で対策を申し入れていると聞いている。

○(平井) 4月の春の観光シーズンに大混雑・大混乱が起こり、付近住民だけでなく、四条通りに来た人から「バスが動かない」「未だに四条通りを避けている」との声が続いている。マスコミでも議会でも何度も指摘がされ続けてきた。交通局として、京都市のこの一連の四条通り一車線化についてどのように評価しているか。

(答弁→高見)人と公共交通を優先する「歩くまち京都」の中核をなす大事な事業。テラス型バス停によりバス待ち環境が飛躍的に改善するなど、優れた取り組みと認識している。

○(平井) 公共交通優先で進めるべきだ。車の流入抑制・流入規制に踏み切るべき。最も混乱を肌で感じている交通局が、都市計画をはじめ横断的に総括し、議論すべきだと思うが、いかがか。

(答弁→高見)様々な流入抑制策にとりくんでいただいている。交通局では道路環境を変えることはできない。与えられた道路環境の中でできることに全力で取り組む。

○(平井) 一番現場に近いところで状況をつかんでいるのが交通局。しっかり状況を伝えていくべき。

 

交通水道消防常任委員会質問

 今回の9月11日に開かれた委員会では、バスの降車を円滑に行うために四条通り二箇所に限って、移動式の運賃箱を設置することを交通局の理事者報告がされ、一般質問を行いました。

 また、上下水同局が毎年出している環境評価報告書2015についても質疑を行いました。

 

概要は以下の通りです。

 

 

【交通局】

●理事者報告【四条通り歩道拡幅区間におけるバス停での運賃収受の実施について】

平井)四条通りのバス停では、延着が多く生じていると記載されているが、現状はどのくらいか?

→高見自動車部担当部長)7月から9月 データ 西行き3分、東行きおおむね1分遅れ。正確な予測は立てられていない。

平井)今回、19日から実施される移動式運賃が製作される台数、バス停にどういう形で置くのか。

→バス3台置ける。テラス型の最先端部に到着。ベルトパーテーションで区切る。乗車降車をわける。運賃箱で収受する人2名。シルバーの誘導により一旦開放して車内あいてから。放送で事前に知らせる。

→全体像をわかるように図式等で示していただきたい。(資料要求)

平井)今回は委託で行うということだが、それぞれの委託先はどこか?それぞれの事業者の実績はどうか?

→委託先:運賃箱 綜合警備保障㈱・運賃案内:シルバー人材センター。

平井)アルソックを選んだ理由は何か?

→高見)営業所間の運賃輸送されている。

→安田企画総務部長)両方とも入札の結果。代金で決めた。

平井)運用が開始され、四条通りの2箇所だけが、移動式になるが、降車時、乗車される方もあり混乱は起こらないのか?リスクの検討は?

→車外での運賃収受を車内アナウンスでお知らせする。バス停では要員により乗客を安全に導く。

平井)本来なら、総合的に検討をし、検証も行いながらやるべきこと。市民や観光客との間で混乱が起こらないよう委託先にもきちっと説明をすべき、円滑な運営を。

最後に今日の京都新聞では、秋の交通対策として、10月末から高島屋駐車場出口前に信号を新たに設置し、右折可能で南行できるとの報道があった。バス停も近くにあり、大なり小なり影響を受ける。どんなメリットがあり、デメリットがあるか

→高見)一般車両の流入抑制は都市計画局・建設局が努力している。注意深く見守っていきたい。

平井)府警との連携や都市計画・建設局との連携で混乱が起こらないように。

 

【上下水道局】

●理事者報告【『水道事業・公共下水道事業 環境報告書2015』の発行について】

平井)平成15年から作成、報告書という形は22年からと聞いている。局単位で環境に配慮し、地球温暖化などに対し、温室効果ガス削減など環境課題に取り組むことが現局面でも一層重要となっている。エネルギー重要。水道事業と下水事業では、使う電力量に差があるが、なぜこれだけ違いが出るのか?

→土井技術管理室室長)水道事業では、一番使うのがポンプでくみ上げ、送る。下水では下水処理の際、微生物に送風機で風を送るのに使う。こういうところが違い。

・その上で努力をしていること、計画はどうか?

→土井室長)電力使用の削減。温室効果ガスの削減は市の取組。H16年度比に対し目標を達成している。た区さん電力を使う上下でも計画を持っている。目標も達成している。

・下水から出る汚泥の焼却。P25では、汚泥を発酵させ、そのさいに発生するメタンガスを有効利用しているとしている。消化タンクの他都市と比べて性能はどうか?メタンガスだけではなく、ほかの燃料をずいぶん使っているようにみえるが。

→石田下水道部長)消化ガスの再整備に現在かかっている。H25 240万㎥→完成後550万㎥。完成後には焼却炉での燃料に使う。

・最後に現状から見ている課題とそれに対する局の決意は?

→土井室長)環境とのかかわりが様々ある。大きな課題。電力使用料の削減の取り組みを進める。本業は水をきれいにするという仕事。国の動向注視し、水質保全の基準さらに確実なものにする。

平井)水事業とあわせて、他都市のとりくみにも習い、環境保全の取り組みの強化を。

烏丸御池に引き続きホーム転落防止可動柵の設置を求めて質問

 8月7日に行われた交通水道消防委員会でホーム転落防止可動柵を全駅へ設置すべしと交通局に質問しました。

 

また、可動柵をつける際に点字ブロックも視覚障害の方が、混乱しないように再度申し入れました。

概要は下記に

 

【交通局】  

≪理事者報告≫  地下鉄可動式ホーム柵設置の進捗状況及び今後のスケジュールについて

平井)烏丸御池の可動式ホーム柵運用後の職員や市民の声はどうか。

→土田高速鉄道部担当部長)乗客からおおむね好評。停車状況もほぼ100%止められている。運転士は最初は緊張する。と言っていたが、順調に運用できている。

平井)全国的にも設置が進み、一気に設置している都市もある。本市と他都市との違いは何か。

→土田)ほとんどの所は車両にATO装置がついている、そういう中で進めている。(本市は)東西線にはATOがあるが、ATOがない。なかなか難しい中でお客さんの多い3駅から。手動で止めるという方式。

平井)京都での利点は何か。

→土田)烏丸線にATOが必須だ。今は手動で停めている。可動式ホーム柵と列車の扉を別々に停めている。片道1分ダイヤをのばしている。ATOが要るが、予算が120億を超える。経営健全化団体なので難しい。なかなか踏み切れない (利点は)多額をかけずに設置していること。

平井)3駅設置以降の他の駅の可能性や課題は。

→土田)3駅以上 ダイヤの確保がむずかしい。今の方式ではこれ以上つけられない。投資が必要。近鉄と相互乗り入れ。近鉄にもATOつけてもらわないといけない。そこをどうするかが課題。そこにも補助を宛てて頂くよう国に対しての要望を重ねていく。

平井)国の補助率はどれくらいか。

→土田)『地下高速鉄道整備事業費補助』は25.2

平井)国の補助率上げるべき 国の要望に力を上げるべき  →土田)そのとおり。全力で要望する

平井)多く 設置駅をあらたに増やして、全駅設置を。

 

●地下鉄 可動式ホーム柵の点字ブロックについて

平井)協会との協議はどれくらいか。

→土田部長)5月委員会での指摘を受け、3回。視覚障害者協会とすぐに協議

平井)協議の結果どんな方向性か。その後の変化は。

→土田)従前から入念に協議し東西線と同じ方式がいいだろうと今の方式を選んだ。指摘を受け、協会に話した。一部の方から「点字ブロックがあったらよかった」の声もある。その声を受けて、協議し烏丸御池で現地確認することに。協会では、もっと幅広の意見を聞こうと会員にアンケートを考えられている。

平井)連携し聞き取りなどさらに強めて協議をすすめてほしい。視覚障害者だけでなく利用しやすくより安全な公共交通になるよう意見がくみ上げられるしくみづくりを求める。

委員会質問③

今回は、消防局が策定した自主防災会防災行動マニュアル策定のためのガイドラインについて質問しました。

台風や地震が起こったときに、地域の自主組織として、どう対応するのかが必要になりますが、一方そのマニュアルづくりは、行政の蓄積や指導、地域の力が合わさってこそです。

【消防局】

《理事者報告》自主防災会防災行動マニュアル策定のためのガイドラインについて

平井)まずは平成12年度以降、町内単位で「身近な地域の市民防災計画」策定の進捗状況は。

西川安全救急部長)26年度末で6291(99.3%)。水災害編で2225(98.5%)で作られている。

水災害に要件が満たない地域でも100作られている。

平井)防災訓練等で見直しや充実された自主防災部はどのくらい

西川)把握していない。適宜町内会でやっていただく。

平井)把握を。その上でガイドラインについて質問します。このガイドラインは各学区で策定にはどのくらいの期間で策定するのか。スケージュール的ものも含めて教えてください。

西川)227学区で地震編。水災害編173学区が対象地域。土砂災害編77学区。すべてで3年まで。自主防災会の意向も汲んで、早く作りたい。

平井)ガイドラインの中に書かれている防災マニュアル策定の前段階で災害図上訓練、タウンウォッチングや防災マップの作成、緊急連絡網の整備など多岐にわたっている。その指導は。

西川)消防署の各学区の担当職員がメイン。避難の誘導等自主防災会の会長、自治連、区役所含んで、消防が調整し、全体として取り組む。

平井)ガイドラインそのものが委員会の委員にしか配られていない。数が少ないと聞いたが議員全体にも配られないのか。

西川)作成した数が限られていて、ホームページで記載。そちらのほうで

平井)議会全体でも防災問題があり、市民からの問い合わせも可能性がある。増刷の見込みは。

西川)増刷については検討していく。

平井)検討といわず増刷を。自治連合へはわたっていますか。

西川)自主防災会に5冊。必要な場合は、コピーして渡す。

平井)コピーといわず増刷を。ガイドラインの分量から理解が大変ではないか。自主防災会の会長も変わっていく。検討会議の中でも初めての方には難しい。こういう不安疑問の声に具体的にどうこたえるのか?

西川)事前にわかるように説明する。職員の意見も含め集約し、Q&Aにする。他の自主防災会でアイデアがあれば、情報交換の中で紹介する。毎年の研修の中で理解できるようにする。

平井)連携の中でいいものに。夏に向けても使えるものはすぐに取り組んでいくことが必要。地域の実情をつかんでいきながら、地域とともにさらなる発展を。

ユーチューブでも配信されています。

https://www.youtube.com/watch?v=zi_S2FiAzSs

Page 1 of 1012345...10...Last »